ネット生保で保険比較

ネット生保で保険比較にチャレンジしてみませんか?ネット生保とは、ショップを持たずにインターネットのみで開業している生命保険会社を意味します。日本では、2008年に初めてネット生保が誕生しました。インターネットが普及してから、ショップを持たずに販売する会社が非常に増えています。何故ならショップがないことで、人件費や家賃といったコストを削減することができるからです。土地が狭く若年層の人口が少ない日本では、他の国にくらべて人件費と家賃が非常に高くなっています。ですから、人件費と家賃を削ることは、大幅な経費削減になるのです。ショップを持たないことは、面倒な採用の手間を減らし、光熱費といった家賃にまつわる経費を削減することにもつながります。その結果、商品を安く販売できることになり、利益を上げやすくなっているわけです。

ネット生保をチェックすると、保険が格安になっていることがわかるはずです。中には、毎月の保険料が1000円以下という商品もあります。保険会社がショップを持たないことで、経費を上手に削減できているからです。しかも、保険の種類も複数あります。定番の医療保険やがん保険をはじめ、定期保険、収入保障保険、就業不能保険などが用意されています。また、女性特有の乳がんや子宮頸がん、卵巣がんといった病気を対象にした保険もあります。ただし、一般の保険会社でよく見かける特約は、ネット生保ではまだ用意されていないようです。ネット生保はまだ保険の数が少ないものの、今後は増えていくことが予想されます。現在は保険比較に苦労するほどではありません。しかし、近い将来には、必ずやネット生保でも保険比較に苦労する時代がやってくるでしょう。そんな時には、ファイナンシャルプランナーのいる保険相談を利用したいですね。

ネット生保には興味があるものの、実際に加入するのは考えている…という方がほとんどです。たしかに保険料は安いけれど、歴史が浅いために不安を感じているのでしょう。ただし、消費者の意識をチェックするアンケートを見ていると、ネット生保に興味を持つ人は年々増えています。不況が長引く日本では、家計費の中で保険料がどんどん負担になっているからです。高い保険を解約して安い保険に、という気持ちが強くなっているのですね。ただし、保険は長い目で見る必要があります。目先の保険料にとらわれずに、内容をしっかり吟味して保険比較をすべきです。

春日部 越谷の保険ショップ
広島市の保険ショップ

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/