学資保険の比較は

学資保険の比較は、お子さんが小さいうちから行っておくといいですね。実際に高校や大学へ進学するとわかりますが、教育費というのはあなたが想像する以上にかかるものです。このくらいかな…と思っていたら、全く足りなくて慌てた!という話をよく耳にします。中学校までは義務教育ですので、教育費としてまとまった金額はさほど必要ありません。しかし、高校や大学の入学時には入学金が必要になりますので、一気に出費がふくらみます。教育費が足りないから第一希望の学校へは進学させてあげられない…これほど悲しいことはないですね。親として最大の援助ができるように、学資保険をしっかりセレクトして、早い段階で加入しておきましょう。

学資保険の比較をする時には、細かい点にも注意する必要があります。たとえば、お子さんが何月に生まれたかにというのは大きな問題です。なぜなら、1月から3月にかけて誕生日を迎えるお子さんの場合は、日本では早生まれの扱いになるからです。学資保険で、18歳満期プランを選ぶ方が多いですよね。4月から12月にかけて誕生日を迎えるお子さんにくらべ、1月から3月にかけて誕生日を迎えるお子さんは満期学資金を受け取る時期がずれてしまう可能性があります。その結果、必要な時に教育費を用意できなくなるケースもあるわけです。ですから、学資保険の比較をする時に、17歳満期プランがあるかどうかを調べなくてはいけません。また、海外留学を視野に入れているなら、17歳満期プランや18歳満期プランに合わせて、22歳満期プランも選んでおくといいでしょう。2回に分けて満期金を受け取ることができ、十分な教育費を手にすることができます。

学資保険の比較をする時には、保護者の方の万が一についても考慮したほうがいいですね。不意の事故だけでなく、ガンや心筋梗塞によって亡くなった時に備える保険に加入しておくと安心です。こうした保険は、保護者の方が亡くなった後は保険料を支払う必要がありません。それでいて、学資保険はしっかりと受け取ることができるのです。片親になったとしても、お子さんが進学をあきらめることがなくなります。お子さまの成長にあわせて受け取る祝金に目を向ける方も多いのですが、万が一の事態に備える大きな保障もたいへん魅力があります。いろいろな状況を考えて比較をしていきましょう。もっともお子さんのためになる学資保険を選ぶようにしましょう。

相模原 大和 座間 海老名 厚木の保険ショップ
大阪市 梅田 天王寺の保険ショップ

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/