ガン保険の比較は

ガン保険の比較をしておくことは、将来に備えることでもあります。いまや、ガンは日本人にとって非常に身近な病気になっています。1981年以降、日本人の死因のナンバーワンはずっとガンが押さえています。現在では、死因のおよそ3割を占めるほど、ガンがポピュラーな病気になっているのです。肺がんと胃がんで亡くなるケースが多いのですが、肝がん、大腸がん、乳がんも多く見られる死因となっています。今後も、ガンによって亡くなる人が増え続けるだろうと予測されています。こうした状況を考えると、ガン保険に加入しておくのは、現代人にとって必須のことと言えます。特に一家の大黒柱となる方は、遺された家族に備える意味でも、ガン保険への加入が必要になるでしょう。

しかし、ひとくちにガン保険といっても、内容は保険会社によってさまざまです。たとえば、ガン保険につきものの一時金は、保険会社によって回数が異なります。1回しか一時金が出ないケースもあれば、何回でも一時金が出るケースもあります。何回でも一時金が出る場合でも、一定期間が経過しなければいけないなど、条件がつくケースもあるので要注意ですよ。一時金によって保険料が変わることもあるので、しっかり確認しておく必要があります。また、ガン保険の中には、手術費用だけでなく、通院費を保障するタイプもあります。ガンの治療にはかなりの費用がかかりますので、手厚い保障がある保険はうれしいですね。ガン保険の比較をする際には、保障内容を細かくチェックしておきましょう。自分でチェックする自信がないなら、ファイナンシャルプランナーに相談するのもひとつの方法です。

ガン保険は、若いうちに加入しておくことをおすすめします。何故なら、年齢が高くなればなるほど、保険料が割高になっていくからです。ガン保険は特定の病気にターゲットをしぼっているので、保険料は意外に安いという特徴があります。そのため、そのうちに…と思って後回しになってしまうケースも多いですね。しかし、がん保険の保障は、免責期間があることを忘れてはいけません。契約を交わしてからすぐに、保障が得られるわけではないのです。一般的に、ガン保険の保障は、責任開始日より3か月程度の免責期間が設けられています。免責期間中にがんを告知された場合、保障の対象外になってしまうわけです。がんの疑いが起こる前に、健康な状態でガン保険に加入しておくことをおすすめします。

横浜市の保険ショップ
吹田 豊中の保険ショップ

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/