生命保険の比較は

生命保険の比較をする際には、どんなことに注意したらいいでしょうか?まず注意すべきなのは、あなたが亡くなった時に残したい金額です。亡くなった時に残したい金額は、結婚しているか、独身かによって、大幅に違ってくるでしょう。極端にいえば、独身であれば葬式費用があれば大丈夫です。あまり大きな金額を残そうとすると、毎月支払う保険料の負担が大きくなってしまいます。亡くなった時に残したい金額は、お子さんの人数や年齢によっても異なるはずです。もちろん、奥様の年齢も考慮すべきです。あなたが亡くなった時に、どのくらいのお金があれば、遺された家族が不自由ない暮らしをできるかを考えなくてはいけません。もし奥様が結婚後も仕事を続けていて、定期的な収入があるなら、亡くなった時のお金を考えなくてもよいケースもありますね。

一般的な葬式費用は、500万円もあれば十分でしょう。家族葬でこじんまりと済ませるなら、200万円程度におさえることも可能です。しかし、結婚している場合は、少なくとも3000万から4000万は遺したいところです。お子さんの教育費まで考えるなら、5000万から7000万円は確保しておきたいですね。生命保険の比較をする際に、かなり条件が異なってくることがわかるはずです。さらには、自宅が賃貸なのか、持ち家なのかによっても違いが出てきます。賃貸でしたら、今後もずっと家賃を支払い続けなくてはいけません。生活費がかさむので、生命保険の比較をする際には、亡くなった時に残す金額も多めに考える必要があります。

銀行で住宅ローンを組んでいるなら、自動的に生命保険にも加入しているはずです。一家の大黒柱に万が一のことがあった時に、一軒家やマンションの支払いに苦労することがないよう、あらかじめ生命保険の加入が義務付けられているからです。住宅ローンがあっても、生命保険の給付金で今後の支払いがなくなるシステムになっています。ですから、住宅ローンを組んでいるなら、改めて加入する生命保険の金額は少なくてもいいでしょう。亡くなった時に大きな金額残そうとすると、かえって毎月の保険の支払いに苦労することになってしまいます。これでは本末転倒というしかありません。万が一の時に備える姿勢は大事ですが、日々の暮らしはそれ以上に大切なものです。生命保険の比較をする際には、毎月どのくらいなら支払えるか…という点から考えることも必要になるでしょう。

神奈川県の保険ショップ
名古屋市の保険ショップ

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/