保険会社の保険ショップ

保険ショップとは、お店・事務所=ショップにおいて、保険の設計や販売を代行する、という業務を行っているところです。単に「顧客が希望する保険を販売する」という姿勢だけではなく、「もっとも顧客の役に立つ生命保険はどれか?」などの保険相談に乗ってくれるところも数多いです。大きくわけて「大手保険会社が自社商品を販売するために設けている保険ショップ」「ある保険会社の代理店として、その保険会社の商品を販売する保険ショップ」「複数の会社の保険商品を取り扱う保険ショップ」があります。

保険ショップに出向いて、生命保険を契約したり、保険相談などを受けることの顧客にとってのメリットは「自分に合う保険商品がわかりやすくなる」「今後、長く付き合っていける保険会社・保険代理店かどうかの見極めがしやすい」という点が考えられます。

会社に訪ねてくるセールスレディの方と契約すると「本当に、これが一番良い保険商品なのか?」を考える余裕がなく、忙しいイメージがあるかもしれません。しかし「わざわざ保険ショップへ出向く」ということは、「下調べもして、満足のいく商品選びを考えよう」と、真剣になる可能性が高いでしょう。生命保険とのお付き合いは「一生涯」という長い期間になりますので、そのくらい慎重になるのも、良いことでしょう。

また保険ショップ側にとっても、ショップを構えるメリットはあります。営業マン・セールレディを数多く抱えなければならない販売方式よりも、人件費などが抑えられること、落ち着いて相談に乗る姿勢を見せられることから、生命保険契約を考え保険相談に訪れる顧客の信頼を得られるということがあります。

最近は「保険の見直し」がブームになっていますので、勢いだけで生命保険契約が取れるという時代ではなくなっています。「保険相談にも応じます」という姿勢を見せられるのは、保険ショップを構えることの大きなメリットとなるでしょう。ただ、従来の営業マン・セールスレディによる販売にも「施設の運営費が抑えられる」といったメリットはありますので、従来の方法が廃れていくかどうかは、まだまだ未知数です。

日本橋・銀座・大手町・六本木・品川区・大田区の保険ショップ
水戸市 日立の保険ショップ

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/