保険ショップで失敗しない

保険ショップというのは、保険会社そのものではなく、各社の商品を取り扱っている販売業者…保険代理店です。ですから、生命保険や医療保険、損保関連の商品など、いろいろなものを扱っているので、利用者にとっては選択肢の幅が広がるといったメリットが考えられます。特に、保険会社の営業マンなどにしつこい勧誘を受けたことがある人などは、保険そのものは必要だが、話をするのが面倒くさいと考えている人もいるかもしれません。それに、そういった一つの保険会社に所属する保険営業マンや生保レディ員の場合は、その保険会社のものしか扱っていないので、保険選びの選択肢が狭くなります。

その点、保険ショップならば窓口で生命保険の無料相談ができますし、過剰な勧誘を受けることもあまりありません。さらに、保険商品の選択肢も広く、各社の商品のなかから自分に合ったものを探していくことができるようになっているのです。それは保険ショップそのものが複数の保険会社をあつかう保険代理店だからです。

一つの保険会社に所属する保険営業マンとは違うところです。

生命保険について何から手をつけていいのかわからないといった人は、まずは相談してみることをオススメします。有料で行っているところも数少ないのですが存在しますが、話だけならば無料でしてもらえるところも多くあります。現在加入しているプランの見直しなどでも利用できます。

家の近所にないという人でも、大きめの駅やショッピング施設などのなかにはたいてい保険ショップとして出店していますので、探してみるのがいいでしょう。最近ではインターネットで保険ショップの相談窓口を探すこともできるので、自分の家や勤務先から近いものを簡単に見つけることができるようになっています。ただし、お店によって扱っている保険会社のラインナップに違いがあったり、サービス内容にも違いがあると考えられます。いくつかのお店をチェックして、使いやすいところを選択するのもいいでしょう。

そして、これから保険ショップを探そうと考えている人は、注意点もあることを知っておきましょう。保険ショップは通常は複数保険会社の保険商品を取り扱うために保険商品を選ぶことができます。しかし保険代理店ではなく一つの保険会社が運営している保険ショップもあります。その場合にはその保険会社の商品とか選ぶことができませんのだ、選択肢の幅が狭まってしまいます。また、担当するファイナンシャルプランナーなどの能力といった点も、人によってばらつきがあり、時として過剰な売り込みをされることもあるようです。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/